陽吉建設 写真1

難しい建築会社選び。陽吉建設に決めた要因は?

陽吉建設さんを知ったのは、知人に勧められたのがキッカケでした。
知人は建築現場で働いており「FPパネル(断熱構造材)の家を建てる時は、夏でも暑さが他と全く違う」と聞いて、FPパネルを取り扱っている陽吉建設さんを知りました。
第一印象では、陽吉建設さんの家はデザイン性が高く、オシャレすぎて生活のイメージが出来なかったのですが、見学会に何度か参加して、見た目ではなく設備や素材のグレードがとても高いということに気付きました。
また、実は当初、陽吉建設さんの他にも迷っている別の建築会社が1社ありました。
もう1社の方は、小さな子どもがいる「現在」の私たち家族にあった家を提案されていて、営業の方もお話し上手。
一方、陽吉建設さんは全くグイグイこない営業で(笑) 「現在」ではなく、ずっと先の「将来」の家族を見据えた提案をしてくれたのがとても印象的でした。
結果、子ども達が成長して家を離れた後も、私たち夫婦が住みたいと思える家を提案してくれた陽吉建設さんに決めました。

写真2 写真3

家づくりでこだわった所は?

吹き抜けのリビング階段にしたかったので、断熱材(FPパネル)にこだわりました。吹き抜けは断熱材がしっかりしていないと冬は特に寒く、光熱費が大変な事になります。
生活・家事導線もこだわりました。
廊下をなくしてリビングからクローゼット・脱衣所に直ぐ行けるようにし、キッチンはアイランドにする事で、どこからでも台所に出入り出来るようになっています。無駄なスペースがなく、とても効率的です。
収納にもこだわっていて、1Fのウォークインクローゼットは広めにしました。アウターなど、外出に必要なものを全てここに収納することで、家を出る際にバタバタすることも減りました。

こだわりだすと予算もキリがない注文住宅。こだわりと予算のバランス方法は?

陽吉建設さんが、助成金の使い方や固定資産税をカバーする方法なども教えてくださいました。
コストカットの提案も多くしてくれて、例えば、さほど開閉しない窓はFIX窓(開閉できない窓)にしたり、 使用頻度が高く来客が多い1Fは設備や素材を良くして、2Fは比較的リーズナブルなものにしたり。ボックス型の家にする事で基礎面積を狭くし建築コストを抑えました。

写真4

家づくりで楽しかった事は?

以前、住んでいた所の近くに家を建てたので、建築中は毎日見て帰っていました。
とてもフレンドリーな職人さん達で、色々話をしたり、リビング階段を一緒に運んだりして楽しかったです(笑)
土地は陽吉建設さんから紹介して頂いたのですが、引っ越しても校区は変わらないし、スーパーも学校も近くて環境もバッチリです。
家づくりのやりとりはSNSを使いました。写真もすぐに送れて、時間をとられるストレスもなく楽でした。

写真5

家づくりの中で「さすが、プロだな!」と感心した所はありますか?

建具や洗面所の収納棚、飾り棚やリビング階段の下にあるカウンターなど、職人さんの造作はどれもレベルが高く、融通もよく利かせてくださいました。
家づくりのアイデアは、陽吉建設さんの提案やSNSが参考書。
「何となく、こんな感じがいい」という自分の中の抽象的なイメージでも、具体的にしてくれるところも流石でした。

写真6

実際に住んでみてどうですか?

廊下をなくして、リビングからどこでも行けるのはとてもオススメですよ!
非効率な生活導線は、些細なことでも毎日繰り返すと大きなストレスになります。効率の良い導線は本当に大事だという事を、身をもって体感しています。
また、断熱材にこだわったのも正解でした。
新しい家に住んで、最初の光熱費を見た時はその安さにビックリ!雨の日はムシムシしないし、温度が一定なのでエアコンなしでも快適です。
住んでまだ間もない(2カ月)ですが、今の所、不満な所は全くありません♪

一覧へ戻る