Basic performance

基本性能
  • 省エネ

    矢印アイコン

  • 耐久

    矢印アイコン

  • 耐震

    矢印アイコン

[ 基本性能 ]

Energy-saving

省エネ

省エネの家とは、電気やガスなど生活に必要な消費エネルギーを抑えた住宅のことです。
エアコンなどの電化製品でエネルギーをさほど消費しなくても夏は涼しく、
冬は暖かさを実感できる高性能な家を当社ではご提案します。

省エネのポイント1

高性能グラスウール断熱材を使用(国内シェアNo1!)

一般的なグラスウール断熱材と高性能グラスウール断熱材の比較

高性能な断熱材により、季節による寒暖差を小さくします。
当社では、業界内で最も多く使用されている「高性能グラスウール断熱材」を標準仕様で使用。
一般的なグラスウールに比べ、ガラス繊維径が細かく本数が多いので、断熱性能がさらにアップしています。
また、断熱効果以外にも吸音性・不燃性など様々な面においても効果を発揮します。

省エネのポイント2

窓にも断熱対策!

窓の性能による 夏と冬の室内温度の違い

家の中で、実は最も熱の出入りが大きいのは窓。窓の断熱対策は、省エネの家において重要な要素です。
当社が標準仕様で使用する「アルミ樹脂複合サッシ」+「Low-E複層ガラス」の窓は、優れた断熱性で熱の出入りを軽減。
夏は直射日光を受けても室内温度が上がりにくく、冬の寒い時期は室内の暖かさを外に逃げにくくします。

省エネのポイント3

省エネ設備の導入(※オール電化)

IHとガス、時間とコストの比較表

IHクッキングヒーターやエコキュートなどの省エネ性に優れた設備を導入することで、家のエネルギー効率はグンとアップします。
火を使わないオール電化住宅は安全性に優れ、夏でも涼しく調理が出来て環境にも優しいなど沢山のメリットがあります。
こうした省エネ設備にすることで、家計のコスト削減にもつながります。

[ 基本性能 ]

Endurance

耐久

新築時の状態を保ち続けたい。それは、家の資産価値を維持し続けるということです。
大切な家族の暮らしを守るには、家も健康であり続ける事が重要。
健康な家には、高性能な構造材はもちろん、職人の確かな技術が必要です。

丈夫な家ポイント1

壁の中の湿気を放出して、構造材(壁)の劣化を防ぐ

一般的なグラスウール断熱材と高性能グラスウール断熱材の比較

湿気や結露はカビの原因となり、さらに壁内部の構造材までも腐らせて耐久性が衰えることも。
対策として、当社では壁体内の湿気を外部に放出する「外壁通気工法」を採用。
水の浸入を防止する防水性と、湿気を外に逃がす透湿性を兼ね備えた「透湿防水シート」を貼ることで、外装材との間に外気が流れる通気層を確保し、 壁体内に生じた湿気をシートから通気層へ通すことで外に放出します。

丈夫な家ポイント2

シロアリ・病害虫対策も万全!

床下全体の湿気を排出!jotoキソパッキング工法

木造の住宅は、シロアリ被害により劣化する可能性があります。
当社ではシロアリ対策として、従来工法では不可能だった床下のコーナーの隅々まで換気し、湿気を残らず排湿します。
床下全域の湿気を排湿して良好な床下環境を保つことで、断熱材の省エネ性能を維持し、土台の腐れを防ぎ、シロアリや病害虫を寄せつけない環境をつくります。

10年間、シロアリ被害に対し1000万保証!

シロアリ被害ゼロの実績をもとに、シロアリ保証制度をスタート!カギ渡しから10年間、無料でシロアリ被害を保証します。
万が一、シロアリ被害が発生した場合は、補修にかかる費用を最高1000万円まで保証します。 シロアリ保証1000

丈夫な家ポイント3

家の土台を頑丈に

家の基礎工法による負荷の違い

家の荷重を支える土台は、頑丈である事に越したことはありません。
当社では、建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える「ベタ基礎」を採用しています。
壁の下だけに基礎を設置する「布基礎」とは異なり、家の荷重を底全体、鉄筋コンクリートで支えるため負荷が分散して安定性に優れています。
また、地面から上がってくる湿気対策として、防湿シートも施工します。

[ 基本性能 ]

Earthquake-proof

耐震

日本は、地震大国といわれています。
いつ、どこに大きな地震がきてもおかしくない昨今。
大切な家族の暮らしを守るには、震災に耐える強い家が必要です。

耐震のポイント1

構造強度を高めるパネル工法

地震などの外力に対する力の流れ

従来の家は、柱と柱の間に筋交いを入れる軸組工法でしたが、大きな力がかかると筋交いが折れたり、外れたりする危険性を伴いました。
当社が採用しているパネル工法では、土台・柱・横架材を一体化し、全体が1つの箱のような形になり、壁面全体で外力を受け止めることで、優れた耐震・耐風性能を実現しています。

耐震のポイント2

最高レベル・耐震等級3の耐震性

耐震等級とは

耐震等級とは地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で評価されます。
建築基準法で義務つけられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しないレベルとされていますが、地震は本震以降も余震が繰り返しやってきます。地震の際は、 本震で傾き、繰り返す余震で崩壊してしまう可能性が高いのです。
余震による被害を防ぐ為には、耐震等級3レベルが必要だと言われています。

性能一覧へ戻る